こんにちは♪

エスティナ松江です。

 

すでに夏休みに入った学校もあり、梅雨明けも間近?な今日この頃です。

朝から蒸し暑いので、室内でも熱中症に注意が必要ですね。

この時期は梅雨前線・線状降水帯・台風など…危険な大雨が多い季節でもあります。

天気予報をチェックして、早めの備えを心掛けましょう。

 

そこで今日は、台風から植物を守る工夫についてお話しします。

 

【強い風からのダメージを避ける工夫】

■ ベランダや庭のほか、畑でも果菜類は支柱にしっかり固定する

■ 葉物は風に振り回されないように寒冷紗で覆っておく

■ 吊り鉢は軽いので飛ばされないように室内に入れておく

■ 外に置いている鉢は室内に入れる(飛んだり、転がらないように)

■ 大き過ぎて室内に入れられない鉢は、外に柱などがあれば縛りつけておく

■ 樹木などには支柱をたてる(低木は1本、高木は3本支柱を立てるとよい)

■ その他、庭やベランダに出ているものは片付ける(空鉢やおもちゃなど)

 

 

 

 

 

 

台風は植物にかなりのダメージを与えます。少しでも被害を小さくするよう、早めの対策が必要です。

 

外で作業をされる時は、熱中症対策もお忘れなく。

 

 

 

ESTINA オフィシャルHP → https://www.estina-style.com/